㊫鬼Gakuki -合格一直線ヽ(´▽`)/資格News!!-

資格取得を目指す全ての方へ!! 頑張れば必ず合格できる!!!!!! 行政書士資格をはじめ資格試験対策から自己管理まで♪ 本気の『キャリアアップしたい』を応援するブログ

スポンサーサイト

 [ --月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | CM(-)

「知識や時間がない」方でも短期間で行政書士に合格できる今話題の勉強法とは?

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

当ブログは引越しをさせていただきました( ̄ー ̄)

 [ 06月02日 21:47 ] カテゴリ:行政書士資格 | CM(0)

「知識や時間がない」方でも短期間で行政書士に合格できる今話題の勉強法とは?

 

当ブログは、下記へリニューアルし引越ししました♪


  

引越し

 
 学鬼
 
 http://mol-fp.com

 今後ともよろしくお願いします!!





 アクセスアップのため、私のブログを経由しております。
 1秒ほどで大原へ向かいますので、ご了承・ご協力の程何卒よろしくお願いいたします。 

ナウでヤングなレンタルサーバー!ロリポップ!
 
スポンサーサイト

◆あと一問で合格!! ~民法~ 17

 [ 11月18日 10:07 ] カテゴリ:一問一答 | CM(0)

「知識や時間がない」方でも短期間で行政書士に合格できる今話題の勉強法とは?

 【問題】
 甲所有の土地を乙が甲になり済まして善意無過失の丙に売却し引き渡した。甲は丙の錯誤を主張して、土地の返還を求める事ができる。
 
 ○or×??
 
 【回答】
 ⇒×
 第三者が、他人の錯誤を主張する場合、①債権保全の必要があること、②表意者が錯誤を認めていることを満たす必要がる。本問では①の要件を欠き主張不可

 
 ※答えは、コピーする要領でここから上をドラッグ!

◆あと一問で合格!! ~民法~ 16

 [ 11月18日 10:00 ] カテゴリ:一問一答 | CM(0)

「知識や時間がない」方でも短期間で行政書士に合格できる今話題の勉強法とは?

 【問題】
 土地を所有し占領するBが、登記名義を便宜上XとしておりAはそれをXが所有しているものと過失なく信じ、Xより買い受け、登記の移転も行った。Bは、Aからの土地の引き渡し請求を拒絶できる。
 
 ○or×??
 
 【回答】
 ⇒×
 BX間には通謀が無いので94条2項を直接適用することはできない。しかし、94条2項類推適用によって、Aは所有権を取得する。

 
 ※答えは、コピーする要領でここから上をドラッグ!

◆あと一問で合格!! ~民法~ 15

 [ 11月18日 09:56 ] カテゴリ:一問一答 | CM(0)

「知識や時間がない」方でも短期間で行政書士に合格できる今話題の勉強法とは?

 【問題】
 債権が仮装譲渡された場合に、債権取り立てのためにその債権を譲り受けた者は、虚偽表示の無効を対抗できない善意の『第三者』に当たる。
 
 ○or×??
 
 【回答】
 ⇒×
 債権の取り立てのために債権を譲り受けた者は94条2項の『第三者』には当たらない。

 
 ※答えは、コピーする要領でここから上をドラッグ!

◆あと一問で合格!! ~民法~ 14

 [ 11月17日 12:35 ] カテゴリ:一問一答 | CM(0)

「知識や時間がない」方でも短期間で行政書士に合格できる今話題の勉強法とは?

 【問題】
 Cが代金債権の支払いを求めたのに対し、Aはもう時効にかかっているから支払う義務はないはずだ、と言った。このAの発言を意思表示であると考える余地はない。
 
 ○or×??
 
 【回答】
 ⇒×
 意思表示の定義。また、時効の完成により不確定的に権利の得喪を生ずるとする不確定効果説によれば、時効の援用は、時効の効果を確定させる意思表示と解する事ができる。

 
 ※答えは、コピーする要領でここから上をドラッグ!

◆あと一問で合格!! ~民法~ 13

 [ 11月17日 12:23 ] カテゴリ:一問一答 | CM(0)

「知識や時間がない」方でも短期間で行政書士に合格できる今話題の勉強法とは?

 【問題】
 法人の代表者が選任した代理人が、その職務を行うにつき他人に損害を与えた場合には、法人は、民法44条(旧)(一般法人78条)に基づいて責任を負う。
 
 ○or×??
 
 【回答】
 ⇒×
 一般法人法78条(旧44条)の責任は、法人の代表機関の行為について生じる。

 
 ※答えは、コピーする要領でここから上をドラッグ!

◆あと一問で合格!! ~民法~ 12

 [ 11月17日 11:45 ] カテゴリ:一問一答 | CM(0)

「知識や時間がない」方でも短期間で行政書士に合格できる今話題の勉強法とは?

 【問題】
 定款に『理事の互選による理事長が法人を代表す』と定めがあり、甲が理事長に互選された場合、理事乙がほしいままに、法人の代表者として丙から金を借り入れ自己の用途に消費した。法人は、いかなる場合も責任を免れない。
 
 ○or×??
 
 【回答】
 ⇒×
 1代表権の制限、2代表者の権限濫用が問題となる。従って丙が1、乙に打うい表見が無いことを知らず(一般法人法77条5項)かつ2、乙個人の使用目的での借り入れである事を知らない事につき無過失(民法93条ただし書き類推適用)丙は保護され、法人は責任を負う。

 
 ※答えは、コピーする要領でここから上をドラッグ!

◆あと一問で合格!! ~民法~ 11

 [ 11月17日 11:27 ] カテゴリ:一問一答 | CM(0)

「知識や時間がない」方でも短期間で行政書士に合格できる今話題の勉強法とは?

 【問題】
 。
 
 ○or×??
 
 【回答】
 ⇒×
 。

 
 ※答えは、コピーする要領でここから上をドラッグ!

◆あと一問で合格!! ~民法~ 10

 [ 11月17日 11:26 ] カテゴリ:一問一答 | CM(0)

「知識や時間がない」方でも短期間で行政書士に合格できる今話題の勉強法とは?

 【問題】
 権利能力なき社団において、判例・実務は代表者である旨の肩書つきの登記を認めないから代表者が構成員全員のための受託者として個人名で登記する方法が一般的にとられている。
 
 ○or×??
 
 【回答】
 ⇒○
 不動産登記に関して判例は、権利能力なき社団の登記能力を認めず、信託的代表者個人名義又は構成員全員の共有名義で登記するほかないとしている。

 
 ※答えは、コピーする要領でここから上をドラッグ!

◆あと一問で合格!! ~民法~ 9

 [ 11月17日 10:17 ] カテゴリ:一問一答 | CM(0)

「知識や時間がない」方でも短期間で行政書士に合格できる今話題の勉強法とは?

 【問題】
 甲の配偶者乙は失踪宣告を受けたが、その後生存している事が判明し、失踪宣告が取り消された。乙の失踪宣告の後、甲は丙と結婚した。丙は乙の生存を知らなかったが甲は知っていた時、失踪宣告にとって甲乙間の婚姻が終了していた場合には、その効果は失踪宣告の取り消しにより消滅する。
 
 ○or×??
 
 【回答】
 ⇒○
 民法32条1項後段の身分行為への適用を認める通説からは、前婚終了の効果は消滅し、重婚関係が生じる。

 
 ※答えは、コピーする要領でここから上をドラッグ!


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。