㊫鬼Gakuki -合格一直線ヽ(´▽`)/資格News!!-

資格取得を目指す全ての方へ!! 頑張れば必ず合格できる!!!!!! 行政書士資格をはじめ資格試験対策から自己管理まで♪ 本気の『キャリアアップしたい』を応援するブログ

スポンサーサイト


「知識や時間がない」方でも短期間で行政書士に合格できる今話題の勉強法とは?

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◆あと一問で合格!! ~憲法~70


「知識や時間がない」方でも短期間で行政書士に合格できる今話題の勉強法とは?

 【問題】
 憲法28条は私人間にも直接的に適用され、契約自由の原則を制限することが認められる。
 
 ○or×??
 
 【回答】
 ⇒○
 労働基本権は、使用者との対抗関係において労働者に認められる権利であって、国家との関係においてのみならず、私人との関係においても妥当すべき性質の権利である。

 
 ※答えは、コピーする要領でここから上をドラッグ!
スポンサーサイト

◆あと一問で合格!! ~憲法~ 69


「知識や時間がない」方でも短期間で行政書士に合格できる今話題の勉強法とは?

 【問題】
 団結権にいう団体とは、永続的な団体である労働組合を意味し、争議団のような一時的な団体については、憲法28条の団結権の保障はなく、憲法21条1項の結社の自由の問題として扱われる。
 
 ○or×??
 
 【回答】
 ⇒×
 団結権とは、勤労者が適正な労働条件の確保を目的として団体を結成する権利をいう。従って、争議団のような一時的な団体であっても28条の団結権の保障を受ける。

 
 ※答えは、コピーする要領でここから上をドラッグ!

◆あと一問で合格!! ~憲法~ 68


「知識や時間がない」方でも短期間で行政書士に合格できる今話題の勉強法とは?

 【問題】
 現に職をもたない者は、日本国憲法第28条の『勤労者』に含まれない。
 
 ○or×??
 
 【回答】
 ⇒×
 勤労者とは、労働力を提供して対価を得て生活する者のことである。この点、失業者も労働力を提供して対価を得て生活する立場にあるから、勤労者にあたる。

 
 ※答えは、コピーする要領でここから上をドラッグ!

◆あと一問で合格!! ~憲法~ 67


「知識や時間がない」方でも短期間で行政書士に合格できる今話題の勉強法とは?

 【問題】
 国会議員の選挙について、憲法は成年者による普通選挙を保障しているから、満18歳以上の者に選挙権を与える事は違憲である。
 
 ○or×??
 
 【回答】
 ⇒×
 憲法第15条3項は、選挙権の要件について『成年者』と定め、『満20歳以上』とは規定していない。従って、本問のような場合でも直ちに違憲とはならない。

 
 ※答えは、コピーする要領でここから上をドラッグ!

◆あと一問で合格!! ~憲法~ 66


「知識や時間がない」方でも短期間で行政書士に合格できる今話題の勉強法とは?

 【問題】
 国会議員は、憲法を尊重し擁護する義務を負っているので、違憲の法律を制定してはならないという行為規範の遵守義務が課されている。従って、国会において議決された法律が違憲であれば、立法過程における国会議員の立法活動の当否にかかわらず当該立法行為は国家賠償法第1条第1項の適用条も違法となるとするのが、最高裁判所の基本的な考えである。
 
 ○or×??
 
 【回答】
 ⇒×
 最高裁(最判昭60.11.21)は「国会議員の立法行為は立法の内容が憲法の一義的な文言に違反しているにもかかわらず国会があえて当該立法を行うというごとき容易に想定し難いような例外的な場合でない限り国家賠償法1条1項の規定の適用上、違法の評価を受けない」

 
 ※答えは、コピーする要領でここから上をドラッグ!

◆あと一問で合格!! ~憲法~ 65


「知識や時間がない」方でも短期間で行政書士に合格できる今話題の勉強法とは?

 【問題】
 簡易裁判所を第一審とする民事事件の上告審を高等裁判所とすることは、上告事件につき、最高裁判所の裁判を受ける権利を奪うことになるので憲法に違反する。
 
 ○or×??
 
 【回答】
 ⇒×
 裁判所の組織や、その管轄は法律の定めるところであって、簡易裁判所を第一審とする民事事件の上告審を高等裁判所と定めても違憲ではない。(最大判昭29.10.13)

 
 ※答えは、コピーする要領でここから上をドラッグ!

◆あと一問で合格!! ~憲法~ 64


「知識や時間がない」方でも短期間で行政書士に合格できる今話題の勉強法とは?

 【問題】
 憲法31条の趣旨には『刑事手続きは、法律によって定めなければならない』ということを含むが、そこでいう『法律』とは、形式的意味の法律を指す。従って刑事手続きに関する定めは、すべて国会によって制定される法律によらなければならない。
 
 ○or×??
 
 【回答】
 ⇒×
 31条にいう『法律』とは形式的意味の法律を指し、政令・条例・裁判所規則は含まれない。しかし例外として、73条6号や、地方自治法14条3項等が挙げられるため、すべて国会によって制定される法律によらなければならないというわけではない。

 
 ※答えは、コピーする要領でここから上をドラッグ!

◆あと一問で合格!! ~憲法~ 63


「知識や時間がない」方でも短期間で行政書士に合格できる今話題の勉強法とは?

 【問題】
 憲法第29条第1項による財産権保障には、個人の弦に有する具体的な財産上の権利の保障と、個人が財産権を享有し得る法制度、すなわち私有財産制の保障の2つの側面があると解されている。
 
 ○or×??
 
 【回答】
 ⇒×
 最大判昭62.4.22。

 
 ※答えは、コピーする要領でここから上をドラッグ!

◆あと一問で合格!! ~憲法~ 62


「知識や時間がない」方でも短期間で行政書士に合格できる今話題の勉強法とは?

 【問題】
 日本国民は、法務大臣の許可を得て日本国籍を離脱することができると法律で定めることは、憲法違反となる。
 
 ○or×??
 
 【回答】
 ⇒○
 国籍離脱の自由は、憲法上の権利であり、原則禁止とすることは、憲法違反となる。

 
 ※答えは、コピーする要領でここから上をドラッグ!

◆あと一問で合格!! ~憲法~ 61


「知識や時間がない」方でも短期間で行政書士に合格できる今話題の勉強法とは?

 【問題】
 日本国民の外国への一時旅行の自由は、憲法22条第1項の移転の自由に含まれるが、公共の福祉に基づく合理的制限を受けるとするのが判例である。
 
 ○or×??
 
 【回答】
 ⇒×
 判例は、海外渡航を外国への移住にるいじするものとして、22条2項によって保護されると解している。(最大判昭33.9.10)

 
 ※答えは、コピーする要領でここから上をドラッグ!


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。