㊫鬼Gakuki -合格一直線ヽ(´▽`)/資格News!!-

資格取得を目指す全ての方へ!! 頑張れば必ず合格できる!!!!!! 行政書士資格をはじめ資格試験対策から自己管理まで♪ 本気の『キャリアアップしたい』を応援するブログ
㊫鬼Gakuki -合格一直線ヽ(´▽`)/資格News!!- TOP  >  スポンサー広告 >  一問一答 >  ◆あと一問で合格!! ~民法~ 14

スポンサーサイト


「知識や時間がない」方でも短期間で行政書士に合格できる今話題の勉強法とは?

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◆あと一問で合格!! ~民法~ 14


「知識や時間がない」方でも短期間で行政書士に合格できる今話題の勉強法とは?

 【問題】
 Cが代金債権の支払いを求めたのに対し、Aはもう時効にかかっているから支払う義務はないはずだ、と言った。このAの発言を意思表示であると考える余地はない。
 
 ○or×??
 
 【回答】
 ⇒×
 意思表示の定義。また、時効の完成により不確定的に権利の得喪を生ずるとする不確定効果説によれば、時効の援用は、時効の効果を確定させる意思表示と解する事ができる。

 
 ※答えは、コピーする要領でここから上をドラッグ!
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。