㊫鬼Gakuki -合格一直線ヽ(´▽`)/資格News!!-

資格取得を目指す全ての方へ!! 頑張れば必ず合格できる!!!!!! 行政書士資格をはじめ資格試験対策から自己管理まで♪ 本気の『キャリアアップしたい』を応援するブログ

スポンサーサイト


「知識や時間がない」方でも短期間で行政書士に合格できる今話題の勉強法とは?

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◆これ書ければ合格!! ~憲法記述~ 1


「知識や時間がない」方でも短期間で行政書士に合格できる今話題の勉強法とは?

 【問題】
 『法の支配』とは?
 
 ○or×??
 
 【回答】
 
 専断的な国家権力の支配を排斥し、権力を法で拘束することによって、国民の権利・自由を擁護することを目的とする原理。

 
 ※答えは、コピーする要領でここから上をドラッグ!

◆あと一問で合格!! ~憲法~ 150


「知識や時間がない」方でも短期間で行政書士に合格できる今話題の勉強法とは?

 【問題】
 国会が発議した憲法改正案は国民の承認を得なければならないが、憲法上は、必ず特別の国民投票が実施されなければならないわけではなく、他とれば、参議院議員選挙の際に国民の投票を求めることも認められている。
 
 ○or×??
 
 【回答】
 ⇒○
 憲法96条。

 
 ※答えは、コピーする要領でここから上をドラッグ!

◆あと一問で合格!! ~憲法~ 149


「知識や時間がない」方でも短期間で行政書士に合格できる今話題の勉強法とは?

 【問題】
 憲法改正のための国民投票に際し、賛否の対象となる条項が複数あるときは、対象条項ごとに賛否を問うのではなく、全部まとめて賛否を問うことができるものとする法律を定めることは、憲法に違反しない。
 
 ○or×??
 
 【回答】
 ⇒×
 憲法改正は重大問題であり、改正についての国民の意見は個別具体的に明らかにされる必要がある。従って、本問のような、一括投票の方法は原則として憲法に違反する。

 
 ※答えは、コピーする要領でここから上をドラッグ!

◆あと一問で合格!! ~憲法~ 148


「知識や時間がない」方でも短期間で行政書士に合格できる今話題の勉強法とは?

 【問題】
 憲法改正の発議は、各議員の総議員の3分の2以上の出席で疑似を行い、出席議員の3分の2以上の多数でこれを可決する。
 
 ○or×??
 
 【回答】
 ⇒×
 憲法改正の発議は、『各議院』の『総議員の3分の2以上』の『賛成』が必要である。(憲法96条1項前段)

 
 ※答えは、コピーする要領でここから上をドラッグ!

◆あと一問で合格!! ~憲法~ 147


「知識や時間がない」方でも短期間で行政書士に合格できる今話題の勉強法とは?

 【問題】
 条例において法律の範囲内で地方税の課税要件に関する定めをしても、租税法律主義に原則に反しない。
 
 ○or×??
 
 【回答】
 ⇒○
 条例は憲法84条の『法律』に含まれると考えられている。従って、本問のような場合でも、租税法律主義に反することはない。

 
 ※答えは、コピーする要領でここから上をドラッグ!

◆あと一問で合格!! ~憲法~ 146


「知識や時間がない」方でも短期間で行政書士に合格できる今話題の勉強法とは?

 【問題】
 地方公共団体の事務については、法律で条例に委任することはできるが、法律で政令に委任する事はできない。
 
 ○or×??
 
 【回答】
 ⇒×
 地方公共団体の事務については、法律で民主的基盤のある条例に委任できる事はもちろん、個別具体的であれば政令への委任も可能。

 
 ※答えは、コピーする要領でここから上をドラッグ!

◆あと一問で合格!! ~憲法~ 145


「知識や時間がない」方でも短期間で行政書士に合格できる今話題の勉強法とは?

 【問題】
 地方公共団体の議会の会議の公開を停止する自由を法律で特別に定めることは全て違憲となる。
 
 ○or×??
 
 【回答】
 ⇒×
 憲法93条1項は地方公共団体の議会の『設置』については定めているが、議会の公開については、憲法上の規定がない。

 
 ※答えは、コピーする要領でここから上をドラッグ!

◆あと一問で合格!! ~憲法~ 144


「知識や時間がない」方でも短期間で行政書士に合格できる今話題の勉強法とは?

 【問題】
 特定の地方公共団体の見に適用される法律であっても、地方自治特別法でないものもある。
 
 ○or×??
 
 【回答】
 ⇒○
 地方公共団体の組織・運営にかかわらない法律や特例性の経度な法律、もしくは地方公共団体に権能を与え、住民に利益を与えるような法律は『特別法』にあたらない。

 
 ※答えは、コピーする要領でここから上をドラッグ!

◆あと一問で合格!! ~憲法~ 143


「知識や時間がない」方でも短期間で行政書士に合格できる今話題の勉強法とは?

 【問題】
 地方自治特別法を廃止する法律を制定する場合には、国会の議決だけで足り、当該地方公共団体の住民投票を行わなくても違憲ではない。
 
 ○or×??
 
 【回答】
 ⇒○
 憲法95条は、地方自治特別法を廃止する場合については何も規定していない。

 
 ※答えは、コピーする要領でここから上をドラッグ!

◆あと一問で合格!! ~憲法~ 142


「知識や時間がない」方でも短期間で行政書士に合格できる今話題の勉強法とは?

 【問題】
 地方公共団体の課税権を否定することは地方自治の本旨に反する。
 
 ○or×??
 
 【回答】
 ⇒○
 課税権は、地方公共団体が自律的な活動を行う財政基盤として、地方自治の本旨から当然に認められる。

 
 ※答えは、コピーする要領でここから上をドラッグ!


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。